本文へスキップ

日本の社長を明るく元気にしたい。

TEL. 050-3786-3704

〒104-0061 東京都中央区銀座1-28-11 アクロス銀座505

ロボット拡販ツール制作ROBOT TOOL

ロボット製品の受注・販売支援

最適な営業ツール・SPツールを提供

求人難への対応、人件費の抑制、労働時間の短縮・・・

加速するサービスロボットの導入

人間とロボットの「共存社会」が幕を開けました。
半世紀前のアニメーションの世界がいよいよ現実に変わりつつあります。

企業経営に目を移すなら、求人難や人手不足への対応が急務になっています。
合わせて、人件費の抑制や削減が急務になっています。
このところ、わかに注目を集めるのが「サービスロボット」の導入です。
業種や規模を問わない広がりを見せています。
経営環境の厳しい内需・地場の中小企業も強い関心を寄せています。
「働き方改革」による労働時間の短縮という社会の要請も、それを加速させる要因になっています。

こうした時代の大きなうねりに即し、和田創研はロボット製品の営業ツール・SPツールの制作に力を入れています。
このロボットには人型ロボットに代表されるハードのほか、ソフト(アプリケーション)、サービスといった多様な製品が含まれます。

ロボット製品の営業活動にともなう困難1

上層部にたどり着けない?

ロボット業界では有望な見込客に働きかける営業活動の重要性が高まっています。
決め手となるのは、社長などの取締役と面談を果たすことです。
なぜならば、サービスロボットの導入は「投資」という経営判断になるからです。

ところが、問題があります。
肝心の営業が「上層部」にたどり着けません。
たどり着けたとしても継続面談に持ち込めません。
これではとても商談の成立に至りません。

そこで、窓口などの「担当者」とやり取りを重ねることになります。
結果として商談の期間が長くなり、金額が小さくなり、しかも成功率が低くなります。
ロボット製品の営業活動は決して「生産性」が高いとは言えません。

ロボット製品の営業活動にともなう困難2

上層部が専門知識を持たない?

もう一つ、問題があります。
面談相手となる上層部がロボットに関する「専門知識」をほとんど持たないことです。
人は自分が理解できないものに拒絶を示したり、恐怖を感じたりします。
こうした「アレルギー反応」は革新性の高い製品ほど顕著です。
いわば素人の納得を引き出すことは容易でありません。

さらに、社内や現場のコンセンサスを形成することが大変です。
サービスロボットの導入により労働環境や日常業務に影響を受ける社員が中心になります。
やはりアレルギー反応が出てきます。

決め手となるのは、ハイテク・デジタルな製品を、ローテク・アナログな観点から親しみやすく伝えることです。
ヒューマンで、ユーモラスで、心があたたかくなる・・・。

顧客といっても生身の人間です。
サービスロボットを受け入れていただくには、ハイテクとローテク、デジタルとアナログという両面のアプローチを取るのが賢明です。
効率化や省力化など、経営の合理化に沿った正当な事案であっても人は論理を説くだけでは心を動かされず、感情に訴える必要があります。

ユーザーに使っていただくこと

つくることはできても、売ることができない?

ロボット製品がシーズに基づいたプロダクトアウトの発想に片寄ってしまうのは、生成の経緯と段階に照らし、やむをえないところでしょう。

先駆者たちは情熱を傾け、執念を燃やし、ロボットの基礎研究や技術開発、製品開発に打ち込んできました。
市場の形成や事業の採算を見通せないなか、先駆者たちを支えたのはロボット社会に馳せる壮大なロマンでした。
日進月歩の業界ですので完成形や理想形に遠いということはあるにしろ、自らが生み出した製品に強い誇りと深い愛着を持っています。

しかし、どんなに優れたロボットもユーザーに使っていただかなくては製品のよさが伝わりません。
そのためには、ロボットを買っていただかなくてはなりません。

「理系」の出身者が大半を占めるロボットベンチャーは、おおむね営業活動を得意としていません。
「つくることはできても、売ることができない」という現実に苦しんできました。

ロボットベンチャーの成功の支援

サービスロボットの普及をご一緒に!

最先端のロボット製品の営業活動には数多くの困難が立ちはだかります。
この壁を乗り越える手助けをするのが、和田創研の提供する営業ツールやSPツールなのです。

それは目的や用途に応じ、さまざまなアイテムがあります。
単に会社や商品を紹介したり、顧客に提案したりするツールに留まりません。
テレアポを取ったり、面談を充実させたり、人間関係を築いたり、情報を収集したり、問題点を把握したり、案件を進展させたりするツールに及びます。
優良顧客の取り込みや大口商談の刈り取りになるほど利きます。

和田創研は四半世紀を超えて培ったノウハウを生かし、クライアントにおける受注・販売活動の円滑化と確実化を援護します。
近未来の社会形成に挑戦するロボットベンチャーの成功を1社1社に最適なツールの提供を軸にして支援します。
クライアントに寄り添い、サービスロボットの普及に一役買うこと。
それが、私たちの心からの願いです。

なお、和田創研の制作物に関する詳細な情報はこのホームページの「営業ツール制作 SPツール制作」をご覧ください。

電話もしくは下記のフォームにてお気軽にお問い合わせください。

(必須)
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)

ご入力いただいた個人情報は和田創研にて厳重に管理したうえで、本サービスの提供のほか、和田創研グループからの関連情報の提供に使用します。
第三者に開示・提供することはありません。