CI企画
アイデンティティを語ろう

Copyright ©2015 by Sou Wada
 
◇登場人物
夢 二 「視覚芸術愛好会」会長 平成高校2年生
田 川 「視覚芸術愛好会」副会長 平成高校2年生
正 木 「視覚芸術愛好会」書記 平成高校2年生

夢二が主宰する「視覚芸術愛好会」が共通の理念を自覚し、その
具現化を図ろうとする過程を通じて、CI企画の立て方を学びま
す。
この記事は、私の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。
「自分達らしさ」のアピール

◆対外イメージ
    夢二の高校ではサークルを活動実績や規模により、
    「部」「同好会」「愛好会」とランク分けしている。
正 木 どうだった? 予算会議。
夢 二 ダメ。要求額の半分以下だった。愛好会の弱さだね。
田 川 うちのサークルって、結局のところ好きものの寄せ集め
    みたいに見られてるのよね。発表の場所を借りるのさえ
    一苦労だしね。
◆リクルーティング
夢 二 愛好会は不利なんだよ、こういう時にさ。早くメンバー
    を増やして、せめて同好会にでも昇格しなくちゃ。
正 木 そうか。もうちょっと外から見えるイメージを大切にし
    ていかないといけないのかな。
夢 二 そうだね。来年の新入会員獲得のこともあるし…。
◆サークルの意義
田 川 何より、うちのポリシーが確立してないのは問題よね。
    個人ごとの創作活動はうまくいくんだけど、共同制作に
    なると、いつも意見の対立とかでポシャっちゃう。
正 木 それは仕方がないんじゃない? みんな芸術家としての
    ポリシーがあるんだから。
田 川 だったら、サークルにする意味がないわ。個人じゃでき
    ない創作をするためにサークルをつくったんだから。

◆「視覚芸術愛好会」サークルCI企画案
1.プロフィール
  199*年6月、夢二を初代会長として創立。デザ
  イナー、映画制作者、プラモデル愛好家、美術研
  究者などが趣味的に同居し始めたのが、設立の母
  体となっている。メンバーが愛好会の名称を借り
  て個人活動をしている寄合い所帯が実状である。
  いつの日か、全員の力を結集して、総合芸術に挑
  んでみたいという目標はある
2.CI導入の理由
 ①「自分達らしさ」をアピールする
  ⑴発表の機会と場を広く求めたい
  ⑵同じ目的の同志をもっと募りたい
 ②「自分達らしさ」を確認する
  ⑴メンバーのパワーを集中させたい
  ⑵集団としてのクリエイティビティを高めたい

☞ポイント ここでは主として、外部に対する「自分達らし
      さ」のアピールについて話し合っています。
「知性」が足りない

◆設立時の理念
正 木 そもそも何をしようとして設立したんだっけ?
夢 二 いろんなジャンルで創作活動をしてる人間が集まって、
    ガンガン共同制作をしようっていうのが、設立の時の理
    念なんだけどね。
田 川 結局いつも喧嘩別れしちゃってるじゃない?
◆現状の問題点
夢 二 そうなんだよ。バカバカしい話だけど…。みんな、もう
    ちょっと賢くならなきゃいけないな。
田 川 「知性」が足りないのよね。
正 木 ちょっと違うだろ?
◆改革のポイント
田 川 違わないわよ。共同制作ができるっていうメリットで集
    まったんじゃないの。個人としてのポリシーがあるのは
    分かるけど、そこをもうちょっと抑えて…。
正 木 個人の芸術的ポリシーを押さえ込んじゃうのかい?
田 川 そうじゃなくて、共同制作をするために、自分のポリシ
    ーをどう生かしていくかって考えてほしいのよ。
夢 二 そうだな。それをメンバーに強調する必要があるな。
田 川 自分のポリシーをゴリ押しするんじゃなくて、それを生
    かして、共同でより次元の高い創作活動ができるくらい
    の「知性」が必要だってこと。

3.CI導入で目指すもの
 ●サークル像の確立
  「視覚芸術愛好会」は、知性とポリシーに裏付けら
  れた、行動力のある創作サークルを目指す
 ●CI導入による将来像
 ①「注目されるサークル」になる
 ②「ポリシーと影響力のあるサークル」になる
  ⑴「愛好会」から「部」へ昇格する
  ⑵有能なメンバーを獲得する
  ⑶有能なサークルと合同企画を実施する
  ⑷他校の有能な仲間とネットワークをつくる
  ⑸(予算会議でパワーを奮う)
  ⑹(マスコミから取材される)

☞ポイント 改革のポイントを探り出して、目指すべきサー
      クル像に結び付けています。
志を表明する

◆スローガン
夢 二 よし、分かった。明快な標語をつくろう。
田 川 標語って、何だか堅苦しくない?
夢 二 じゃ、何て言うんだ。
田 川 サークルのポリシーとか…。
夢 二 いや、ポリシーはもうある。「もっともトータルな視覚
    表現の創造を追求する」っていうのを、設立の時に決め
    ただろ。これを実行するための標語だよ。
田 川 スローガンのようなものね。
◆内部アプローチ
正 木 ポリシーはあるけど、いつも議論段階でポシャることが
    多いじゃないか。だからもっと実現性を高めていった方
    がいいと思うなぁ。
夢 二 一貫したポリシーと、それを支える行動力か。
田 川 それと知性ね。みんなに「もっと知性的になろう」と呼
    びかけましょうよ。
◆外部アプローチ
正 木 外に対して「我々はこれから知性的になります」って宣
    言してさ。
田 川 それじゃ「今はバカですけど」って言っているようなも
    のじゃない。
正 木 だから「それを行動に移せます」って一緒に言うんだよ。

4.CIの方向性
  「視覚芸術愛好会」の志を、以下の3項目に集約し
  て内外に表明する
 ①「ポリシー」
  「もっともトータルな視覚表現の創造の追求」を基
  本的かつ一貫したポリシーとして掲げる
 ②「知性」
  メンバー個々の芸術的ポリシーを生かしながら知
  的にコントロールして、高次元の共同制作へと結
  実する
 ③「行動力」
  ポリシーを掲げ、知性の協力を得て、前向きかつ
  確実に共同制作を推進する

☞ポイント 言葉によって内部をまとめ、外部にイメージを
      形成しようとしています。
CIに目覚める

◆集団パワーの基盤
夢 二 じゃ、この辺で話を整理してみよう。このサークルのパ
    ワーをつくるベースは…。
正 木 個人のポリシーじゃないかな。まず、そのエネルギーが
    あることが前提だよ。
夢 二 そうだな。で、それを束にするわけだ。
田 川 そう。そうやって、目指すものをつくるんだから。
◆究極の目標
正 木 目指すものは何?
田 川 つくりたいもの、っていうことでしょう?
夢 二 それだとしたら「もっともトータルな視覚表現」だよ。 田 川 で、それを実現するために、ありとあらゆる表現方法の
    存在を許して、それを積極果敢に取り込んでいくってこ
    とね。
正 木 かっこいいよなぁ、何だか。
◆CIの概念
夢 二 これを内部に徹底させるのも重要だけど、外部にもちゃ
    んとアピールしていかないとな。
田 川 いずれ他のサークルとか学校ともジョイントすることを
    考えてるんでしょ。
正 木 ポスターか何かつくって貼り出す?
夢 二 いや、それだけじゃ能がない。もっと徹底的にやろう。

5.理念の構築
 ①我々は、個々にポリシーを持っており、それは岩
  よりも強固である
 ②しかし、我々は、お互いの強固なポリシーを柱と
  して大きな力の束をつくることができた時、さら
  に高度で総合的な魅力を創造しうると信じて疑わ
  ない
 ③我々は、それを「もっともトータルな視覚表現」と
  呼ぶ
 ④我々は、サークル内のさまざまなアプローチの方
  法を結集して、「もっともトータルな視覚表現」の
  創造を追求する

☞ポイント ここで初めて「CIを確立しよう」という概念
      が生まれました。
考えるサークルへ

◆位置付けの見直し
夢 二 今までうちは創作サークルっていう位置付けだったけれ
    ど、これからは研究サークルということにしよう。
田 川 創作活動をやめちゃうの?
夢 二 いや、創作活動は個人のものを含めて、このサークルで
    は「研究発表」という位置付けにするんだ。
◆戦略の統合
田 川 そうよね、創作に携わっていないメンバーもいることだ
    し。彼らの立場がなかったもんね。
正 木 オレとかな。
田 川 正木さん達は評論活動が中心だから。
夢 二 さしあたり、正木派は評論部門ってとこかな。
正 木 そうだな。作品の批評を通じて作者にフィードバックし
    ていくのが役目だから。
田 川 で、その評論活動の成果が次回の作品となって現われる
    ということね。
夢 二 共同研究のイメージがはっきりしてきたな。
田 川 私の周辺なんか立体創作派じゃない? 舞台芸術とかで
    自分でステージに立つこともあるから、バックに信頼で
    きる批評機能があれば、自己確認もできる。
夢 二 批評機能か。だんだん高度になってきたな。
正 木 ま、そうして作者に貢献できるなら光栄だよ。

6.戦略の統合
 ●基本的な考え方
 ①「視覚芸術愛好会」は研究発表サークルである
 ②研究発表の方式は自由である
 ③研究目標は「もっともトータルな視覚表現の創造
  であり、そのためにあらゆる方法によるアプロー
  チを行なう
 ●各派が持つ戦略の方向性
 ①夢二派:創作志向・映像芸術分野
 ②田川派:創作志向・立体芸術分野
 ③正木派:評論志向・文筆分野
 ④新人派:コレクション志向・ニューウエーブ
 ●各戦略間の統合
 ①各自がばらばらに行なってきた創作活動や研究活
  動を、意識的に共同で行なう
 ②また、それらの活動を基盤として、外部の有能な
  人材も積極的に取り込む

☞ポイント 考えて活動するサークルへ脱皮するために、戦
      略の統合を図っています。
まるで再出発のように

◆CI導入の準備
夢 二 よし、これだけ大胆な改革を行なうんだから、名前なん
    かも全部変えたいね。今から原案を考えて、次の例会で
    みんなに投げかけてみよう。
◆名称の変更
正 木 名前に「愛好会」って付いてるのが悔しいから、「視覚
    芸術研究会」にしようよ。
夢 二 OK。いいと思う。生まれ変わるサークルの性格がはっ
    きりするからね。英語の名称なんかも付けちゃおうよ。
田 川 知性のイメージづくりね。
◆会報の刷新
正 木 会報も変えようよ。このサークルの研究発表誌ってこと
    にして、オープンに読んでもらおう。もちろん内容も編
    集方法も一新して。
夢 二 書店とかにも置かせてもらってさ。
田 川 自費出版専門の書店もあるしね。
正 木 今まで「視覚」っていう名前だったから、「VISUAL」の
    略で「VIS」にしよう。
◆構成員の改称
夢 二 会長とか書記、会計っていう呼び方も芸がないから変え
    ようよ。会長を代表研究員にするとかさ。
田 川 じゃ、会員の方は構成研究員にしましょう。

7.言語の統一
 ①「視覚芸術愛好会」はCI導入に伴い、「視覚芸術
  研究会」と改称する
 ②英語名称を「VISUAL ART INSTITUTE」とし、略
  称を「VAINS」とする
 ③会報誌「視覚」を「VIS」に改称する
 ④部室を「VISセンター」と呼称する
 ⑤構成員の改称を行ない、明確な自覚を促す
  ⑴会長:代表研究員(通常「代表」と呼ぶ)
  ⑵副会長:代表補佐役
  ⑶書記:文書記録係
  ⑷会計:会計渉外係
  ⑸会員:構成研究員
 ⑥研究員は「創作系」「評論系」「収集系」のいずれ
  かを名乗り、それを基盤として相互協力する

☞ポイント 戦略統合を実施するために名称改革を行ない、
      構成要素の役割を明確化しています。
視覚的イメージの統一

◆VIの確立
夢 二 シンボルマークとかが必要だな。カラーなんかもきちっ
    と決めて、基本的なポリシーをいつでも思い起こすこと
    ができるようにしよう。どんな色がいい?
田 川 知性の青、情熱の赤、とかね。
正 木 それじゃ少し平凡だから、高貴な知性のダークブルーと
    情熱的なポリシーのカーマイン(赤味のある朱色)とか
    は…。
田 川 まるで赤青エンピツみたいだわ。
正 木 じゃあ、いっそのこと、そのエンピツをシンボルマーク
    にしちゃったらどうかな?
◆全員の巻き込み
夢 二 ちょっと待った。そこまで我々で決めるとやりすぎだ。
    うちは創作者の集団なんだから、コンペでもやって決め
    た方がいいと思う。正木、コンペを仕切ってよ。
◆管理と運用
田 川 このマークとかカラーって、何にでも使うんでしょ?
夢 二 一定のルールを決めてね。使い方が乱れないようにしな
    きゃならない。それも正木が管理してよ。
正 木 批評家をこき使ってるな。
田 川 でも、封筒とかレターヘッドとかポスターに必ずシンボ
    ルマークが使われてるってのは、かっこいいわね。

8.VI(ビジュアルアイデンティティ)
 ●VIの構成要素
 ①シンボルマーク:未定
  貫くような力強さ、洗練と高貴さ、果敢な実験と
  無限の可能性を表現する
 ②コーポレートカラー:ダークブルー&カーマイン
  知性とポリシーを象徴する
 ●VIの決定方法
  内部コンペティションを実施し決定する
9.言語とVIの管理運用
 ①言語統一の範囲
  会報などの広報物、看板やポスター、その他公式
  の席での発言や記述に対して行なう
 ②VIの使用対象
  名刺、封筒、レターヘッド、バッジ、看板、ポス
  ター、公式印刷物、作品以外の装飾物 etc.
 ③管理運用のチェック
  文書記録係は、これらが正常かつ積極的に管理運
  用されているかを常時チェックする

他流試合を求む!

◆CIに基づく活動
夢 二 さて、いよいよ活動の方向性を考えるわけだけど…。
正 木 今まで話した、共同制作を強化するとか、批評機能によ
    る知的フィードバックを行なうとかいった基本方針を踏
    まえて、具体的にどんな活動をするか、だな。
夢 二 うん。内部はそれでいいとして、対外的にどんな活動を
    展開するかを考えるべきだね。
田 川 そうね。文化祭の予算獲得の時の材料になるわ。
◆サークル交流
正 木 やっぱり、他流試合をしたいなぁ。音楽系サークルなん
    かと…。
田 川 天体観測サークルと組んで、プラネタリウムを取り入れ
    るなんていいじゃない?
夢 二 料理サークルとジョイントして、絵画と料理のステージ
    パフォーマンスとかね。
田 川 何よ、それ?
◆学外交流
正 木 それと、他校との交流だけど、愛好会の資格では公式交
    流ができないんだよね、確か。
夢 二 だから、個人的な友好関係の延長という形でスタートさ
    せよう。会報を送り付けるとかさ。
正 木 会報は書店だとか通販でも売るんだよね。

10.活動形態の発展
  CI導入後、我々はまず以下の事柄を実行する
 ①表現分野における他流試合的交流
  演劇、書道、合唱などさまざまな表現系サークル
  とのジョイント創作活動を提唱し実践する
 ②学外団体との非公式交流
  愛好会の資格では校名を冠した公式交流はできな
  いが、各種イベントへの招待状や会報誌を各校に
  送付して、ネットワーク的交流を行なう
 ③会報誌「VIS」の学外販売
  ⑴自費出版取扱い書店などを通じて一般向けに販
   売する
  ⑵定期購読希望者へ通信販売も行なう

☞ポイント CI導入を外部に広く認知させるための活動を
      考えています。
「VIS」創刊0号

◆スケジュール
夢 二 とりあえず、当面は文化祭を目標に置いていこう。
正 木 シンボルマークのコンペ、いつやる?
田 川 すぐよ、すぐ。
夢 二 まぁ、例会でこの改革案が通過してからだな。でも6月
    にはやらないと間に合わないな、きっと。
◆CI導入宣言
正 木 「VIS」だけど、7月に創刊0号を出そうよ。
田 川 創刊0号?
正 木 そう。文化祭の時に発行する第1号の予告版だよ。そこ
    で、うちのCI導入宣言をしちゃえばいいんだ。
夢 二 なるほどなぁ。そういうやり方があったのか。
◆ツール一新
田 川 ねぇ、文化祭までに名刺とか封筒とか全部つくっちゃい
    ましょ。新しいデザインの。
夢 二 金がかかりそうだなぁ。
田 川 いいじゃない。どうせバイトやるんだから。
夢 二 CIは金がかかるよなぁ…。
◆予算計画
正 木 事前に費用を見積った方がよさそうだな。
田 川 そうね。それをもとに今から積立てをすれば、後であわ
    てなくてすむわ。

11.CI導入のスケジュール
  文化祭でのCI導入に向けて、以下のスケジュー
  ルで準備作業を進める
  6月 CI導入プロジェクトの発足
     シンボルマークのコンペティションの実施
     文化祭予算会議への参加、出展の申し込み
  7月 看板、ポスターなどの制作
     「VIS」創刊0号発行(CI導入予告)
     文化祭イベントの内容決定
     他サークルとのジョイント交渉
  8月 文化祭イベントの準備
     名刺、封筒、レターヘッドなどの発注
  9月 文化祭イベントへの招待状の送付
     「VIS」第1号発行(イベント告知)
     ※学外諸団体への送付、書店での販売
  10月 文化祭イベントの実施(CI導入発表)
     文化祭会場で「VIS」第1号を販売

☞ポイント 文化祭をCI導入のクライマックスとして、綿
      密なスケジュールを立てています。
CI企画書の完成

◆「視覚芸術愛好会」サークルCI企画案

1.CI導入の理由
 ①「自分達らしさ」をアピールする
  ⑴発表の機会と場を広く求めたい
  ⑵同じ目的の同志をもっと募りたい
 ②「自分達らしさ」を確認する
  ⑴メンバーのパワーを集中させたい
  ⑵集団としてのクリエイティビティを高めたい

2.CI導入で目指すもの
 ●サークル像の確立
  「視覚芸術愛好会」は、知性とポリシーに裏付けられた、行動力のある創作サークルを目指
  す
 ●CI導入による将来像
 ①「注目されるサークル」になる
 ②「ポリシーと影響力のあるサークル」になる
  ⑴「愛好会」から「部」へ昇格する
  ⑵有能なメンバーを獲得する
  ⑶有能なサークルと合同企画を実施する
  ⑷他校の有能な仲間とネットワークをつくる
  ⑸(予算会議でパワーを奮う)
  ⑹(マスコミから取材される)

3.CIの方向性
 ①「ポリシー」の表明
  「もっともトータルな視覚表現の創造の追求」を基本的かつ一貫したポリシーとして掲げる
 ②「知性」の表明
  メンバー個々の芸術的ポリシーを生かしながら知的にコントロールして、高次元の共同制
  作へと結実する
 ③「行動力」の表明
  ポリシーを掲げ、知性の協力を得て、前向きかつ確実に共同制作を推進する

4.理念の構築
 ①我々は、個々にポリシーを持っており、それは岩よりも強固である
 ②しかし、我々は、お互いの強固なポリシーを柱として大きな力の束をつくることができた
  時、さらに高度で総合的な魅力を創造しうると信じて疑わない
 ③我々は、それを「もっともトータルな視覚表現」と呼ぶ
 ④我々は、サークル内のさまざまなアプローチの方法を結集して、「もっともトータルな視覚
  表現」の創造を追求する

5.戦略の統合
 ●基本的な考え方
 ①「視覚芸術愛好会」は研究発表サークルである
 ②研究発表の方式は自由である
 ③研究目標は「もっともトータルな視覚表現の創造」であり、そのためにあらゆる方法による
  アプローチを行なう
 ●各派が持つ戦略の方向性
 ①夢二派:創作志向・映像芸術分野
 ②田川派:創作志向・立体芸術分野
 ③正木派:評論志向・文筆分野
 ④新人派:コレクション志向・ニューウエーブ
 ●各戦略間の統合
 ①各自がばらばらに行なってきた創作活動や研究活動を、意識的に共同で行なう
 ②また、それらの活動を基盤として、外部の有能な人材も積極的に取り込む

6.言語の統一
 ①「視覚芸術愛好会」はCI導入に伴い、「視覚芸術研究会」と改称する
 ②英語名称を「VISUALARTINSTITUTE」とし、略称を「VAINS」とする
 ③会報誌「視覚」を「VIS」に改称する
 ④部室を「VISセンター」と呼称する
 ⑤構成員の改称を行ない、明確な自覚を促す
  ⑴会長:代表研究員(通常「代表」と呼ぶ)
  ⑵副会長:代表補佐役
  ⑶書記:文書記録係
  ⑷会計:会計渉外係
  ⑸会員:構成研究員
 ⑥研究員は「創作系」「評論系」「収集系」のいずれかを名乗り、それを基盤として相互協力
  する

7.VI(ビジュアルアイデンティティ)
 ●VIの構成要素
 ①シンボルマーク:未定
  貫くような力強さ、洗練と高貴さ、果敢な実験と無限の可能性を表現する
 ②コーポレートカラー:ダークブルー&カーマイン知性とポリシーを象徴する
 ●VIの決定方法
  内部コンペティションを実施し決定する

8.言語とVIの管理運用
 ①言語統一の範囲
  会報などの広報物、看板やポスター、その他公式の席での発言や記述に対して行なう
 ②VIの使用対象
  名刺、封筒、レターヘッド、バッジ、看板、ポスター、公式印刷物、作品以外の装飾物
  etc.
 ③管理運用のチェック
  文書記録係は、これらが正常かつ積極的に管理運用されているかを常時チェックする

9.活動形態の発展
 ①表現分野における他流試合的交流
  演劇、書道、合唱などさまざまな表現系サークルとのジョイント創作活動を提唱し実践す
  る
 ②学外団体との非公式交流
  愛好会の資格では校名を冠した公式交流はできないが、各種イベントへの招待状や会報誌
  を各校に送付して、ネットワーク的交流を行なう
 ③会報誌「VIS」の学外販売
  ⑴自費出版取扱い書店などを通じて一般向けに販売する
  ⑵定期購読希望者へ通信販売も行なう

10.CI導入のスケジュール
  ※紙幅の都合により省略

☞ポイント CI導入という大事を成すにあたり、前段ではその理由やメリット、あり方などについて徹底した考察を行ない、
      後段で具体的な展開や運営の方法を提示しています。

   和田創研ホームページ 和田創 library online TOP
  和田創研
copyright©2015 WADASOUKEN Co.,Ltd all rights reserved.