イベント企画
70年代マンガカーニバル

Copyright ©2015 by Sou Wada
 
◇登場人物
夢 二 次男・高校2年生
立 郎 父・企画指南役

夢二が「マンガ同好会」と共同で準備を進める「70年代マンガカ
ーニバル」に企業スポンサーを付けようとして奮闘する過程を通じて、イベント企画の立て方を学びます。
この記事は、私の第一作『企画の愉しみ』(日本実業出版社)に収めた原稿です。1992年の刊行から20年以上が経過しました。
この間、ビジネスは進化し、企画も進化したはずです。しかし、人間が考える行為が中心となる企画の本質はそれほど変わっていません。
皆さまに「企画と企画書ができるまで」を感じ取っていただきたいと思い、手を加えずに掲載しました。楽しい会話や豊かな交流のなかで「企画」が育まれ、「企画書」にまとまる過程を実況中継で伝えています。
継承すべき事柄は?

◆タイトルと号数
社内報の編集室に編集委員が集まった。
初 夫 さて、今日は「メトロ電器産業OBメッセージ集」の企
    画会議を行います。
牟礼野 第8号だったわよね。
井 出 前の号からもう3年経ったんだね。
◆編集の基本方針
牟礼野 編集内容はOBの話とかでいいの?
初 夫 ああ、特に変更はなし。取材方法は原稿依頼、インタビ
    ュー、座談会、何でもOKだけど。
◆スペックの確認
井 出 判型とかは変えていいの?
初 夫 これも指定されていて、A5判で150頁程度。原則的には
    1色刷りだけど、カラーグラビアの使用はOK。
井 出 判型変えようよ、おしゃれなマガジンスタイルとか。
初 夫 うん、いいアイデアだと思うけど、OBのなかにはこの
    本を創刊号から大切に保存してる人も多いらしい。それ
    に郵送することを考えて、ずっとこのスタイルを続けて
    いるしね…。
◆配布方法
牟礼野 OBと社外関係者へは1部500円で郵送販売よね。
初 夫 あ、今回は社長の意向でOBにも無料配布になったん
    だ。

◆「メトロ電器産業OBメッセージ集」編集企画案
1.与件の確認
  (企画の前提条件)
 ①タイトル
  「メトロ電器産業OBメッセージ集・第8号」
 ②発行形態
  メトロ電器産業の社員向けに3年に1度発行
 ③編集内容
  「定年退職したOB社員からのメッセージ」の範
  囲を越えてはならないが、取材形態は原稿依頼、
  インタビュー、座談会など自由
 ④スペック
  A5判、150頁程度。カラーグラビア入り
 ⑤配布方法
  全社員に無料配布。OB社員、社友各氏には1部
  500円で頒布(ただし今回は社長の意向でOBに
  も無料配布)

☞ポイント 新規の企画ではないので、まず先例を確認する
      ことからスタートしています。
地域文化祭に出展

◆息子の相談
夢 二 父さん、忙しい?
立 郎 何だい。
夢 二 企画書を書かなきゃならないんだ。ちょっと手伝ってく
    れないかなぁ。
立 郎 いいけど、何の企画書だい。
◆企画書の必要性
夢 二 実は今度うちのサークルで、友達のところのサークルの
    イベントを手伝うことになってさ。それで企画書が必要
    になったんだ。
立 郎 もうちょっと詳しく話してくれないか。
夢 二 公民館の文化祭に出展するんだよ。結構大きな展示会に
    なりそうでね。自分達だけでやるにはちょっと無理があ
    るから、スポンサーを付けたいんだ。
立 郎 そうか。それじゃ、ちゃんとした企画書がないといけな
    いな。ところで、協賛を付けることについて、公民館は
    何も言わないのか?
夢 二 うーん、企業の広告ポスターを貼ったり、商品サンプル
    を配るのは控えてほしいんだって。だけど、研究助成と
    いう名目で協賛を取ることには、うるさく言わないみた
    いだね。もともと一般市民に自由な発表の機会を与える
    っていう趣旨で始まったフェスティバルだから。

◆「70年代マンガカーニバル」イベント企画案
1.協賛のお願い
  当地の「コミュニティ文化フェスティバル」は、
  毎年7万人の動員実績があり、内容に関しても各
  方面から高い評価を得ています。
  このたび私達は、1970年代の文化と風俗を「マ
  ンガ」を通じて解明することをテーマとして、展
  示イベントを行なうことになりました。
   70年代はマンガの表現方法において、活発な実
  験が行なわれました。当時のマンガは、世界情勢
  や政治、思想などの影響を強く受けるとともに、
  映画や前衛絵画、各種パフォーマンスと手法面で
  交流しながら発展し、現在の文化的土壌を形成し
  ています。
  私達は、このイベントをより実りあるものとし、
  地域文化への貢献を図りたく、ここに御社の協賛
  をお願いする次第です。

☞ポイント 協賛を求めるイベントの趣旨が分かりやすく説
      明されています。
どんなイベント?

◆企画タイトル
立 郎 まず、企画のタイトルは何て言うんだ。
夢 二 「70年代マンガカーニバル」。70年代のマンガを研究し
    て、当時の世相とか風俗がどんな風に描かれているか、
    そしてそれが今の世相とか風俗にどんな影響を与えてい
    るかを調べてみようっていう展示なんだ。
立 郎 そうか。企画の目的も内容も明確だな。で、この企画の
    主催者は誰だ?
◆企画者名義
夢 二 「マンガ同好会」。うちのサークルは協力ってとこかな。
立 郎 そうか。お前が所属しているサークルは、何て名前だっ
    たっけ。
夢 二 「視覚芸術愛好会」。
立 郎 よし。これで企画者の名義がはっきりした。ところで、
    文化祭の正式名称は何だ。
夢 二 えーと、ちょっと待ってて…。資料を持ってくるから。
◆文化祭の名称
夢 二 「区立中央公民館コミュニティ文化フェスティバル」だっ
    て…。いつも「区民祭り」って呼んでたけど。
立 郎 開催期間は?
夢 二 8月9日から11日までの3日間。時間も必要?
立 郎 いや、とりあえずいいだろう。

2.企画概要
 ①名称
  「70年代マンガカーニバル」
 ②期間
  199*年8月9日~11日(3日間)
 ③会場
  区立中央公民館
  コミュニティ文化フェスティバル会場
 ④主催
  平成高等学校「マンガ同好会」
 ⑤協力
  平成高等学校「視覚芸術愛好会」
 ⑥目的
  1970年代の文化特徴をマンガに取材し、現在の
  文化に与えた影響を探る

☞ポイント 「6W2H」の原則に従って、イベント企画の概
      要をまとめています。
気になる70年代

◆企画のきっかけ
立 郎 ところで、お前達がこの企画をやってみよう、と思った
    きっかけは何だ。
夢 二 うん、去年見た山本リンダの復活コンサートなんだけど
    …。古いような新しいような、何か不思議な感動を受け
    たんだ。
立 郎 そういえば、70年代の歌がリメークされてヒットしてい
    るみたいだな。
夢 二 意外と新鮮な感覚に聞こえるんだよね。
◆具体的な例
立 郎 もう少し具体的なきっかけに結び付けたいな。70年代が
    現在に影響を与えている例として、ほかにはどんなもの
    が挙げられるんだ?
夢 二 そうだねぇ。ビートルズはいまだに影響力を持ってるし
    …。以前盛んだった環境保護運動とか自然食運動もまた
    活発化してるしね。最近「ラブ&ピース」なんて言って
    るけど、起源はずいぶん古いんでしょ?
立 郎 レトロな感覚で言ってるのかな。
夢 二 70年代はレトロっぽくはないんだよ。どうも60年代と
    は違う何かがあるらしいんだ。現在の思想とかデザイン
    とかの基盤ができたのが、70年代だったような気がする
    んだけど…。

3.問題提起
  この企画を立てるきっかけとなった、いくつか
  の「気になる」現象を列挙する
 ①なぜ「山本リンダ」が復活し、70年代のファッ
  ションがもてはやされるのか
 ②なぜ、70年代の曲がリメークなどでカバーされ
  るのか
 ③なぜ、ビートルズはいまだに影響力があるのか
 ④なぜ、70年代的な社会運動が再び隆盛になって
  きたのか
 ⑤なぜ、70年代は「レトロ」ではないのか
 ⑥なぜ、70年代にマンガは急激に発展したのか

☞ポイント 現象に対する問題意識を企画の出発点としてい
      ます。
マンガは時代を映す

◆題材の選定
立 郎 それで、どうしてマンガなんだ。
夢 二 その時代のことを調べるには、マンガが一番だと思った
    んだ。情報の質の面でも量の面でも…。登場人物の服装
    とか背景の絵とかに、当時らしさが表われているじゃな
    い。吹き出しのコピーにも…。
立 郎 テレビじゃ、ダメなのか。
◆資料的な価値
夢 二 テレビは資料が集めにくいんだ。それにマイナーなもの
    が取り上げられなかったり検閲が厳しかったりで、マン
    ガほど的確な情報は得られないと思う。
立 郎 やっぱり、マンガなのか。
夢 二 うん。デザインとか音楽とも関係が深いし、政治とか思
    想が背景になってる作品も多いし…。当時のどの文化と
    も接点があるんだ。
立 郎 それで、マンガを研究題材に選んだわけだな。
夢 二 そう。うちのマンガ同好会が70年代のコミックをコレク
    ションしてたこともあってね。
◆マンガ家の位置付け
立 郎 作者にはスポットを当てないのか。
夢 二 マンガ家も取り上げるよ。その時代に対する忠実な研究
    発表者としてね。

4.研究課題
 ●研究テーマ
 ①70年代の文化を分析して特徴を抽出する
 ②70年代の文化が現在に与えた影響を検証する
 ●題材の選定
  当時のマンガ作品をテキストとする
 ●選定の理由
 ①マンガは、庶民的な文化表現である
 ②マンガは、時代をクローズアップ(または時代に
  ズームイン)できる表現手法である
 ③マンガは70年代に政治、社会、文化のあらゆる
  ジャンルにまたがって影響を与え、かつそれらと
  絡み合いながら発展していった文化である
 ④マンガ家は、時代を見つめる研究発表者である

☞ポイント マンガの果たしてきた社会的役割などを述べ
      て、題材として選んだ理由を明確にしていま
      す。
マルチな展示内容

◆パネル展示
立 郎 さてと、どんな方法で展示するんだ。
夢 二 パネル展示を基本にしようと思っているんだ。実際のマ
    ンガとか年表を例に引きながら解説してみようと…。そ
    れに、ビデオ展示と発表会も。
◆ビデオ展示
立 郎 ビデオでは何を見せるんだ。
夢 二 当時のアニメとか、マンガ家インタビューとかね。
立 郎 インタビューはどうするんだ。
夢 二 カメラをかついで押しかけようと思ったんだけど…。
立 郎 乱暴だなぁ。
夢 二 マンガ同好会の会長のオヤジさんが、インタビュービデ
    オをいっぱい持ってるんだ。雑誌の編集長なんだって。
立 郎 どんなビデオだ。
夢 二 うん。「徹子の部屋」とかNHKの「訪問インタビュー」
    とか、テレビ番組のライブラリーが中心だって。
立 郎 そうか。ちょっと著作権の問題が気になるけど、それは
    後で調べるとしよう。ほかには、どんなことをやるん
    だ。
◆その他の展示
夢 二 70年代の音楽や当時のラジオ番組なんかをBGMで流
    したり、特設ステージで研究発表もやるよ。
立 郎 かなり本格的だなぁ。

5.内容の方向性
 ①パネル展示
  ⑴70年代のマンガをテキストとして掲示
   ※解析を通じて文化特徴を抽出
  ⑵マンガ絵巻(歴史年表)を掲示
   ※当時の風俗や流行、エポックを併記
  ⑶マンガ作品およびマンガ家の系図を掲出
 ②現物展示
  ⑴70年代のマンガコレクションを陳列
 ③ビデオ展示
  ⑴70年代の人気アニメーションを放映
  ⑵当時のマンガ家に対するインタビューを放映
 ④BGM
  ⑴当時の流行音楽やラジオ番組を放送
 ⑤ステージ発表
  ⑴講演会「今に生きる70年代の文化」
   ※大型ビジュアルパネルを使用

☞ポイント おおまかな展示内容を決めています。
動員数がポイントに

◆企画書のヤマ
立 郎 これからが大変だ。企画書のヤマだ。
夢 二 何なの?
立 郎 このイベントにどうやってお客を呼ぶか、それを詳しく
    書くんだ。協賛を取り付けるには、動員数が一番のポイ
    ントになるからな。告知はどうするつもりだ?
夢 二 やるよ。
◆告知の方法
立 郎 やるのは分かってる。何をどうするかだ。つまりポスタ
    ーを貼るのか、ビラをまくのか…。
夢 二 そうか。まず学校の掲示板にポスターを貼る。それから
    会場の周辺とか駅にもポスターを貼って、当日は会場の
    入口でビラをまく予定でいる。
立 郎 区の広報には?
夢 二 出るよ。その関係でCATVの取材も入るし。
立 郎 それは、企画のセールスポイントになるな。
◆動員数の目標
立 郎 フェスティバルには、どのくらいの入場者があるんだ?
夢 二 フェスティバル全体の入場者は、毎年7万人前後。うち
    の会場の前は、8,500人くらいが通るらしい。
立 郎 だったら、少なくとも 8,500人は動員目標として企画書
    に書かないとな。

6.動員計画
 ①告知方法
  ⑴案内ポスターを掲出
   ・校内掲示板
   ・駅および区の掲示板
   ・会場周辺の店舗
  ⑵案内ビラを手まき配布
   ・当校および近隣校の校門
   ・平成駅西口広場(夕刻)
   ・フェスティバン会場および当会場の入口
    (会期中)
  ⑶区広報でパブリシティを展開
  ⑷新聞地域版での催事欄で案内
  ⑸CATVで事前PR
 ②動員目標
  ⑴フェスティバル全体 72,000人(昨年実績)
  ⑵当会場目標 8,500人(会場前通行量)

☞ポイント 協賛企画では、動員数の予測が重要な役割を果
      たします。
マエカブ・アトカブ

◆協賛企業
立 郎 さて、どこの会社に頼むんだ。
夢 二 デンスナーレコード。ちょっとしたツテがあってね。
立 郎 正式な社名は分かるか?
夢 二 デンスナー音楽産業だよ。
立 郎 前㈱? 後㈱?
夢 二 マエカブって何?
立 郎 つまり、株式会社の㈱が前に付いて㈱デンスナー音楽産
    業になるのか、後に付いてデンスナー音楽産業㈱になる
    のか、だ。
夢 二 調べるよ。
立 郎 何かCDでも見れば分かるんじゃないか?
◆協賛条件
立 郎 ところで、いくらほしいんだ。
夢 二 そうだな。会長と相談したんだけど、70万円っていうラ
    インを考えてるんだ。資料収集で古本を買い集めたり、
    展示用のパネルを制作したり…。ポスターとかビラの作
    成費もかかる。
立 郎 そうか。で、ほしいものは、これだけか?
夢 二 デンスナーの持っている70年代のミュージシャンの資料
    とかが借りたいんだよね。
立 郎 じゃ、それも具体的に書いておかないとな。

7.協賛条件
 ①協賛金
  本企画の実施費用の援助
  ⑴700,000円
 ②資料提供
  御社所有の70年代ミュージシャン関連資料の会
  期中の貸し出し
  ⑴レコードジャケット
  ⑵コンサートポスター
  ⑶スナップ写真(レコーディング風景など)
  ⑷ミュージシャンブロマイド
  ⑸販促品(ノベルティなど)
  ⑹その他(スタジオアイテムなど)

☞ポイント 協賛についての要望事項を簡潔にまとめていま
      す。
代わりにできること

◆協賛のメリット
夢 二 何だかムシが良過ぎないかなぁ。
立 郎 心配するな。代わりにできることを考えればいい。
夢 二 代わりにできること?
立 郎 協賛に対して、今度はお前達が何をしてあげられるか、
    ということだ。
夢 二 うちの会場だけなら、広告チラシぐらい配れるよ。
◆企業名の露出
立 郎 それだけ? ポスターやビラに「協賛:㈱デンスナー音
    楽産業」って入れてあげるだけでも効果はあるぞ。
夢 二 なるほどね。
立 郎 もう印刷部数とかサイズとかは決まってるのか?
夢 二 うん、一応。
立 郎 ポスターの掲出場所とビラの配布方法は、さっき決めた
    通りだ。
夢 二 看板にも名前を入れられるよ。
立 郎 どんな看板だ。
夢 二 会場の入口に掲げる大きな看板。それと入口の両サイド
    に立てる看板も…。
立 郎 発表ステージには吊り看板が付かないのか。
夢 二 OK。それにも入れるよ。
立 郎 すべてをはっきりと決め込んで、企画書に書くこと。

8.協賛特典
 協賛に対する御社のメリット
 ①企業名の露出
  「協賛:㈱デンスナー音楽産業」と記載
  ⑴案内ポスター(100枚・B2判・2C)
   ※掲出場所は動員計画の項を参照のこと
  ⑵案内ビラ(50,000枚・A4判・2C片面)
   ※配布方法は動員計画の項を参照のこと
  ⑶案内看板
   ・横断看板(会場入口頭上1カ所)
   ・立て看板(会場入口両脇2カ所)
   ・吊り看板(発表ステージ頭上1カ所)
 ②広告チラシの当会場内配布または設置
  ※設置スタンドは御社支給のこと

☞ポイント 協賛に対するスポンサーのメリットを、企業名
      の露出を中心にまとめています。
メリットの目玉づくり

◆無料広告
夢 二 そうだ。うちの展示会ガイドがあるから、そこに無料で
    広告を入れちゃおう。
立 郎 ずいぶんサービスするじゃないか。
夢 二 70万円ももらうんだから。
立 郎 お前がそんなに義理堅いヤツだとは、知らなかったぞ。 夢 二 まぁね。
立 郎 で、その広告をどこに入れる。
夢 二 裏表紙がちょうど空いているから、そこでいい?
立 郎 それと、広告は完全版下で入稿してもらえ。でないと、
    自分達で広告をつくるハメになる。
夢 二 分かったよ。これで何とか行けそうだね。
◆特別展示コーナー
立 郎 いや、強い目玉がほしい。音楽関係の資料を借りるんだ
    から、それを展示するスペースをつくれば、話が早い。
夢 二 デンスナーの特別展示コーナーだね。
立 郎 そうだ。ラフでもいいから、企画書のなかに展示コーナ
    ーの図面とかパースを描いた方がいい。イメージが具体
    的になって、協賛の判断がしやすくなる。
夢 二 OK。これで企画書は書けるね。
立 郎 ワープロを使うんだろ?
夢 二 もちろん。買ってもらった甲斐があったよ、父さん。

 ③広告の無料掲載
  ⑴「70年代マンガカーニバル」展示会ガイド
   (10,000部・A4判8頁・モノクロ・表4広告)
   ※完全版下にて入稿のこと
  ⑵フェスティバル総合パンフレット
   (120,000部・A4判32頁・2C)
   ※詳細は未定。実行委員会と広告掲載について
    交渉中
 ④特別展示コーナーの開設
  ⑴名 称:「デンスナーコーナー」
  ⑵内 容:数々のヒットメーカーを送り出す音楽
       界の王者「DENSNER」のアピール
  ⑶展示物:70年代ミュージシャン関連資料
       ※詳細は協賛条件の項を参照のこと
  ⑷演 出:壁面展示および平台陳列
       ※貴重品はショーケース内に陳列

☞ポイント 企業協賛を取り付けるために、メリットのダメ
      押しをしています。
念には念を入れて

◆コレクションの価値
立 郎 あ、そうだ。大事なことを忘れてた。
夢 二 まだ、何かあるの?
立 郎 先方から借りてくる資料は、どこでも手に入るシロモノ
    なのか。
夢 二 いや、貴重なものばかりだよ。ときどきこういったもの
    が街で売られてるのを見かけるけど、結構いい値段が付
    いている。
立 郎 まあ、盗まれるという心配はないだろうけど、来場者が
    触わって汚したりしたら大変だからな。
夢 二 一応、監視は付けるつもりだけど。
立 郎 警備方法を企画書に明記しといた方がいいな。
◆警備方法
夢 二 会場の入口と展示コーナーに人を座らせておこうと思っ
    てるんだ。
立 郎 そうか。夜間はどうするつもりだ。
夢 二 公民館全体が警備態勢になっている。
◆緊急時の対応
立 郎 よし。ところで緊急災害の場合だけど…。
夢 二 火災とか地震のこと?
立 郎 人命を守ることを優先するのは当然としても、資料を借
    りている以上、誠意を見せる記述は必要だな。

9.警備計画
  御社資料の保護に関する約束
 ①昼間
  展示コーナーに常時1名を配置して解説にあたら
  せるとともに、来場者が手で触れたりすることが
  ないように監視する
 ②夜間
  公民館全体が警備態勢にある
 ③緊急時
  危急の場合を除き、担当監視員が保護に最大限の
  努力を払う
  ※なお、不慮の事態により資料に損失があった場
   合は、主催者が誠意と責任をもって対処する

☞ポイント 協賛を受けるにあたり、保障や補償に関する取
      り決めが重要性を帯びることがあります。
イベント企画書の完成

◆「70年代マンガカーニバル」イベント企画案

1.企画概要
 ①名称:「70年代マンガカーニバル」
 ②期間:199*年8月9日~11日(3日間)
 ③会場:区立中央公民館
     コミュニティ文化フェスティバル会場
 ④主催:平成高等学校「マンガ同好会」
 ⑤協力:平成高等学校「視覚芸術愛好会」
 ⑥目的:1970年代の文化特徴をマンガに取材し、現在の文化に与えた影響を探る

2.研究課題
 ●研究テーマ
 ①70年代の文化を分析して特徴を抽出する
 ②70年代の文化が現在に与えた影響を検証する
 ●題材の選定
  当時のマンガ作品をテキストとする
 ●選定の理由
 ①マンガは、庶民的な文化表現である
 ②マンガは、時代をクローズアップ(または時代にズームイン)できる表現手法である
 ③マンガは70年代に政治、社会、文化のあらゆるジャンルと影響し合いながら発展した文化
  である
 ④マンガ家は、時代を見つめる研究発表者である

3.展示内容
 ①パネル展示
  ⑴70年代のマンガをテキストとして掲示
  ⑵マンガ絵巻(歴史年表)を掲示
  ⑶マンガ作品およびマンガ家の系図を掲出
 ②現物展示
  ⑴70年代のマンガコレクションを陳列
 ③ビデオ展示
  ⑴70年代の人気アニメーションを放映
  ⑵当時のマンガ家に対するインタビューを放映
 ④BGM
  ⑴当時の流行音楽やラジオ番組を放送
 ⑤ステージ発表
  ⑴講演会「今に生きる70年代の文化」

4.動員計画
 ①告知方法
  ⑴案内ポスターを掲出
  ⑵案内ビラを手まき配布
  ⑶区広報でパブリシティを展開
  ⑷新聞地域版の催事欄で案内
  ⑸CATVで事前PR
 ②動員目標
  ⑴フェスティバル全体 72,000人(昨年実績)
  ⑵当会場目標 8,500人(会場前通行量)

5.協賛条件
 ①協賛金:700,000円
 ②貸出し:70年代ミュージシャン関連資料
  ⑴レコードジャケット、コンサートポスター
  ⑵スナップ写真、ミュージシャンブロマイド
  ⑶ノベルティグッズ etc.

6.協賛特典
 ①企業名の露出 「協賛:㈱デンスナー音楽産業」と記載
  ⑴案内ポスター(100枚・B2判・2C)
  ⑵案内ビラ(50,000枚・A4判・2C片面)
  ⑶案内看板(3種類)
 ②広告チラシの当会場内配布または設置
 ③広告の無料掲載
  ⑴「70年代マンガカーニバル」展示会ガイド
  ⑵フェスティバル総合パンフレット
 ④特別展示コーナーの開設
  ⑴名 称:「デンスナーコーナー」
  ⑵内 容:数々のヒットメーカーを送り出す音楽界の王者「DENSNER」のアピール
  ⑶展示物:70年代ミュージシャン関連資料
  ⑷演 出:壁面展示および平台陳列

7.警備計画
 ①昼 間:展示コーナーに監視員1名を配置する
 ②夜 間:公民館全体が警備態勢にある
 ③緊急時:監視員が保護に最大限の努力を払う


☞ポイント 今後イベントの実施に向けて、会期中のタイムテーブルと詳細なオペレーションプランを作成することになります。

   和田創研ホームページ 和田創 library online TOP
  和田創研
copyright©2015 WADASOUKEN Co.,Ltd all rights reserved.